画面の共有も可能

電子黒板と言えば、離れている地域であっても共有することができるという特徴があるのですが、もちろん近くであっても十分共有することが可能です。例えば隣のクラスと共有して勉強するということも可能になります。通常であればどこか広い部屋に2つのクラスが集まって行うべきところを、電子黒板があればどこにも移動せずに、教室で同じ授業が可能になるのです。
別の学校同士で同じ授業を行うことも可能ですが、現在ではまだあまり見かけません。このような遠隔操作はとても重要視されていて、後ろの席では電子黒板の画面が見えない場合、タブレットを使うことで先生が書き込んだ問題を解くことや、説明した内容をしっかりと見ることが可能になります。
コンピューター実習では実際このような教育を取り入れているところもあるので、今後はどんどん電子黒板の需要は伸びてくるでしょう。遠隔操作が可能な電子黒板であれば、海外とも共有することができるので、いちいち大金を支払って海外に留学する必要もなくなります。

同時書き込みも可能

インタラクティブホワイトボードは、電子黒板に同時に書き込むことができるという特徴があるので、企業の研修などでも役に立ちます。もちろん会議のときもかなり役立っているのですが、複数の人が同時に書き込むことができる電子黒板はいろいろなところで重宝されています。
企業であれば新人研修や勉強会、会議や開発などにも使えますし、企業だけではなく学校や塾などでも導入すれば、いろいろな場面で役に立つでしょう。インタラクティブホワイトボードの種類によって多少変わってくるのですが、多くのインタラクティブホワイトボードは、最大で4人まで同時に書き込みをすることが可能になっています。
しかもリアルタイムで多数の人と共有できるため、他社との会議や本社と支社で連絡を取り合う、相談をするというときにも便利です。会議ではあまり同時に複数の人が書き込むということはないでしょうが、インタラクティブホワイトボードの場合には、できるだけ多くの機能が備わっていた方がよいに越したことはありません。

情報活用能力を高める

教育機関でも現在では電子黒板を使用している学校や塾が増加傾向にあるのですが、その理由の1つは、情報活用能力を高めるためだと言えるでしょう。学校を卒業しても、コンピューターとは切っても切れないのが現在の社会なので、学生のうちから慣れ親しんでおく必要があります。
そのためには電子黒板を利用するのが最も効率のよい学習方法だと言えるでしょう。しかも近年の電子黒板は、パソコンやアイパッドなどと共有することができるので、生徒にタブレットを配布して授業を行うことで、ノートが必要なくなるという時代が来る可能性もあります。
しかし、ノートに字を書かないと、自分で文字を書く能力が身に付かないと心配する人もいるでしょう。その点についても現在の電子黒板であれば問題ありません。現在の電子黒板は、画面に直接専用の電子ペンで書き込みができるので、漢字の書き取りなどもノートと全く変わらない方法で行えるのです。さらに時代が進めば、教科書もタブレット化される可能性もあるでしょう。

電子黒板の採用の概要を見る

教育現場では数年ごとに新しい取り組みを実施していくような状況がありますが、最近はタブレットを授業へ取り組むような動きも活発になっているわけです。黒板の時代では限界であった空間図形の展開図などを気軽に表示できるようにもなり、子供たちの疑問を解消していくような状況も生まれています。息子の授業参観日へ行ったときに丁度算数の授業をしていましたが、電子黒板を使っての授業で私個人はある意味で斬新な空間に居合わせたような印象を持ったのです。若い先生が慣れた手つきで操作したり、子供の方がそれに応えるかのように電子黒板へ記入をするといった光景など、ひと昔では考えることができなかったものをしていたのです。総合的に見てこういった授業は、地方の方にも早期に進めていくようにしてほしいものです。
一方で教育ICTの提示するアイデアは素晴らしいものが多く、学習塾でも同意する声が次々と巻き起こっているのです。いろいろな場合を想定して、最終的に納得していくようなケースを導入することが重要であると個人的には思っています。また息子の算数の学力がこれで向上するならば、私としてもいうことはないのです。今後が楽しみになっています。

電子黒板のオプション

電子黒板を購入した場合には、オプションが付いてくる場合があります。オプションというのは電子黒板で使用するタッチペンやケーブルなどのことです。電子黒板は昔に比べてオプションが少なくなっています。それはコードレスの製品が増えてきたからです。

それでもオプションが全くないということはありませんので、やはり電子黒板を購入する場合には、オプションもしっかりと確認しなければいけません。企業で電子黒板を使用する場合には、会議や製品開発、新人教育などいろいろな分野で使用するので、少しでも使いやすい方がよいでしょう。

オプションは通常別売りでも売っているのですが、オプションがついている電子黒板を購入することで、良質の純正品が付いてくるのです。そのため、電子黒板で使用するオプションは、別売りではなく付属されている物を購入した方がお得です。

エファタ株式会社の電子黒板は、オールインワンで売られているのが特徴なようです。購入した時に、あれこれオプションを別途用意しなくても済むのは、お手軽かもしれません。

パイオニアの電子黒板は、既存の液晶テレビにはめ込むタイプですので、これもまた、電子黒板オプションを最低限に抑えることができるでしょう。

各社、電子黒板をどのように活用するか、サポートも充実しているようなので、教育ICTや、企業活用時にはサポート契約を結ぶことも重要です。

電子黒板は図面の説明がわかりやすくできる

製造業や建築業では必ず図面が必要になるのですが、図面というのは説明するのが難しいという特徴があります。しかも大勢で会議をするときなどは、全員に図面を印刷して手渡す場合もあるでしょう。しかし、電子黒板があれば、そんな面倒なことをする必要なく解説できます。
しかも得意先の企業にファックスで図面を送信する必要もなく、電子黒板があればパソコンなどと共有することも可能です。労力の減少、資源の無駄遣いを減らすなど、多くのメリットがあります。図面は細かい部分も多く存在しているのですが、電子黒板であれば、細かい部分を拡大して表示することも可能です。
拡大すればわかりにくい部分もわかりやすく説明できますし、万が一トラブルがあったときなどにもすぐ対応できるでしょう。図面の作成が必須の企業はもちろんですが、他の企業でも会議を中心として、いろいろな場面で電子黒板を活用することができるのです。

電子黒板は簡単に利用できなければいけない

電子黒板(インタラクティブホワイトボード)は多くの企業で使用されていますが、やはり企業に導入するからには、誰であっても簡単に使えなければ話になりません。電子黒板にはいろいろな種類があり、簡単に利用できる物から比較的操作が難しい物まで存在しているのですが、簡単に利用できるというのは必須条件と言ってもよいでしょう。
企業で電子黒板(インタラクティブホワイトボード)を利用する場面と言えば、やはり会議が中心になるのですが、会議以外でも利用用途は多数存在しています。技術などは一定の人が身に付けておけば問題はありませんが、電子黒板は簡単に利用できる種類がある以上、簡単に利用できるものを導入するのは当然です。
機械が苦手な人、初めて電子黒板を使用する人、字を書くということから遠ざかっている人などいろいろいるでしょうが、中には普通のホワイトボードのような使い方もできる種類が存在しています。電子黒板としても、普通の黒板としても利用できる種類が企業にはふさわしいでしょう。