シェアハウスに潜む恋愛バイオリズム

集団で共同生活を送るシェアハウス内での恋愛事情は、誰もが気になるポイントだと思います。ところが実際にシェアハウスで暮らす住民からは、大学のサークル内でよくあるような「こっちと付き合って別れたら次は別の人と付き合って…」といったような、取っ替え引っ替えは意外にも少ないという声が聞こえてきます。

それもそのはず。シェアハウスの利用者には30代前後が多く、後先考えた上で行動する慎重さが備わった人が多いからでしょう。加えて言うなら、大学のサークルに恋愛を求める人は多くても、シェアハウスには恋愛よりもまずシェア生活という新しいライフスタイルを謳歌したいという思いを持っている住人が多いということでしょう。せっかく自分が選んだライフスタイルを、自らの軽率な言動で壊すことは本人も望まないし、恋愛という2人だけの世界を住人コミュニティに持ち込むと居辛くなってしまうという心理が働くのだと思います。

ところがシェア生活も2年を過ぎると、堰を切ったようにカップル誕生の連鎖が始まるようです。蜜月期→安定期→倦怠期→移行期といったバイオリズムが存在している気がしてなりません。

シェアハウス 東京・・・ドリカムタワーのような、女性専用のシェアハウスなら、もう少し落ち着いているかもしれません。

LEDの光で水耕栽培が効率的に!

水耕栽培をしている人の中には、LEDの光を利用している人がいます。
LEDの場合、お天気に左右されることがなく、植物に必要となる光を照射することが出来るので、効率的に水耕栽培をすることが出来ます。
そのため、屋内栽培をメインでやっっている人や、冬場の日光が少ない時期など、LED光を利用して育てている人がかなりいます。
特に雪国などに住んでいる人は、冬場の日光不足は深刻です。
植物を育てていくためには、やはり光が非常に重要で、どうしても必要になります。
LEDを使用すると、葉焼けなどの問題もなく、食物の成長スピードも上がるため、安定した収穫が楽しめます。
ガーデニングにとって、やはりお天気というのは、非常に左右されやすい要素なので、出来るだけ安定した光を届けることが大事ですね。
LEDはどこでも簡単に売っていますし、ネットで安く購入することも可能です。
水耕栽培を一度考えている人であれば、LED栽培についてちょっと勉強しておくと良いと思います。家庭用園芸・水耕栽培キットを使って、実際に水耕栽培をLEDを用いて使ってみましょう。