電子黒板の採用の概要を見る

教育現場では数年ごとに新しい取り組みを実施していくような状況がありますが、最近はタブレットを授業へ取り組むような動きも活発になっているわけです。黒板の時代では限界であった空間図形の展開図などを気軽に表示できるようにもなり、子供たちの疑問を解消していくような状況も生まれています。息子の授業参観日へ行ったときに丁度算数の授業をしていましたが、電子黒板を使っての授業で私個人はある意味で斬新な空間に居合わせたような印象を持ったのです。若い先生が慣れた手つきで操作したり、子供の方がそれに応えるかのように電子黒板へ記入をするといった光景など、ひと昔では考えることができなかったものをしていたのです。総合的に見てこういった授業は、地方の方にも早期に進めていくようにしてほしいものです。
一方で教育ICTの提示するアイデアは素晴らしいものが多く、学習塾でも同意する声が次々と巻き起こっているのです。いろいろな場合を想定して、最終的に納得していくようなケースを導入することが重要であると個人的には思っています。また息子の算数の学力がこれで向上するならば、私としてもいうことはないのです。今後が楽しみになっています。